<   2007年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ずばり 大根!

f0108852_178116.jpg


  年末から 年を明けても、 バタバタとすることが多く
  畑の方は さっぱりご無沙汰となっている・・・・。

  だから 大根もみてのとおり 巨大なものに成長をとげている(笑)。

  抜くやつ 抜くやつ 50cm~60cmはあるな~。
  まあ どことも大根は良く出来ているみたいだが・・・・。

  これがけっこう柔らかく、甘みがあるんだぞ!
  我が家は もっぱら ”だいこんすり” でいただく。

  すりだいこん? だいこんおろし? 
  いろいろ 言い方があるかな。

  大根をスルにも、大きいからたいへんだけどね。 おいしい。

   大根といえば、 たくあん!
  我が家は たくあん もいまだに自分家でつけている!
  暖冬だから、たくあんづけにも かなり影響がでているぞ。
  一本が大きいってこともそうだけど、 漬ける前には何日も天日干しをするんだよね。
  これが 寒くて天気のいい日が続けばいい大根になるんだけど
  暖かいから・・・・ 。
  ちょうど1ヶ月前に 樽に漬け込んであるんだが、さあ今年の出来は?どうかな~。
[PR]
by maki-ojisan | 2007-01-30 17:31 | 薪おじさんの趣味

薪ストーブ・・・暖房以外での活躍

f0108852_172314.jpg

      薪ストーブの炉内で 魚(いさぎ)を焼いているところ。
      魚の表面はカリッと、中身はホックリ、魚の臭みもなく
      おいしく焼けるぞ!
      
      もちろん オリジナルクッキングスタンドを置いて、 
      その上に 網と魚を置くだけの 簡単! 薪ストーブ料理だなっ。

f0108852_17235846.jpg

       薪ストーブの上には 常に、 スティーマーと鉄瓶だ。

       また、この鉄瓶で沸かしたお湯で、お茶をいただくと おいしいんだよね~♪
       この南部鉄器、素朴でやさしい表情を持っている。
       伝統工芸師の手づくりの良さが伝わってくるぞ・・・。
       4ℓ って結構 探したし、 出来上がるまで 待ったよ。
       でも その甲斐はあるね。


       あと、ダシもよく薪ストーブの上で出すな~。
      我が家は、みそ汁などのダシは 必ずいりこダシ!
 
       だから、大きな鍋に 水といりこをたっぷり入れて、薪ストーブの上にかける。
      ゆっくりとじわじわと ダシが出るから、うまいんだ!




 
    
[PR]
by maki-ojisan | 2007-01-28 17:46 | 薪ストーブ

煙突掃除

f0108852_17364513.jpg
f0108852_1737018.jpg


  先日 薪ストーブをお使いのお客さまからの ご要望で
  煙突掃除を見たい ってことで・・・。

  ショールームの 薪ストーブ ヨツールF600で壁出しの煙突の掃除をしてみたぞ!

  9月から焚き始めて 約4ヶ月になる。
  乾燥した薪を使用しているから、煤は さ~らさらだぞ!
  プラグをはずしたら、写真の量がたまっていた。
  8mほどの煙突は、ポリプロピレンブラシで時計回りに回転させて・・・。
  そちらは 両手に軽くたまるほどだった。
f0108852_17502115.jpg

[PR]
by maki-ojisan | 2007-01-19 17:48 | 薪ストーブ生活の工夫

ログハウスに薪ストーブ!

f0108852_1614187.jpg
f0108852_16143286.jpg


こちらは 年末に設置をした T邸!
  薪ストーブは ヨツールF500 ブラックペイント (ごめん、いい写真がなくて・・・。)
  もちろん 煙突は断熱二重煙突を使用している。
  
  このログハウスは、地元徳島の林業家が 樹齢100年を超える徳島産の
  大径木を使用した ポスト&ビーム工法だぞ!
 
  先日の土日にこちらのお家の完成見学会が行われたのだ。
  


f0108852_16145335.jpg

   見学会の日には、 特別ゲストとして 「木香里」の片岡氏による
   チェーンソーカービング デモンストレーションも行われたぞ!
   かっこよかったな~。
[PR]
by maki-ojisan | 2007-01-15 16:20 | 薪ストーブの設置施工例

薪割り台

f0108852_19444957.jpg
f0108852_19445938.jpg


  皆さんのご要望が多い、 薪割り台。
  ホームページで 販売中だぞ!
  残りわずかとなっております・・・・。

  クヌギだよ。

  
  薪は やっぱりクヌギがいいなぁ~。
  熱量の出方が違うもん・・・・。

  焚き付けや細めの薪は、 自社工場ででた 杉、ヒノキ、ヒバ、などなど
  使うけどね。

  2年ほどまえに 知り合いの方が、 マキという木を下さってね、
  かなり乾燥してるし 良く燃えることは燃えるんだけど・・・・ クサイんだ(笑)。
  ちょっと くすぼった、煙たいようなにおいだ。
[PR]
by maki-ojisan | 2007-01-13 19:54 | 薪ストーブ生活の工夫

薪ストーブと灰

f0108852_16591218.jpg
f0108852_16592881.jpg


  1月も、はや12日だな~。 ちなみに昨日は ぜんざい いただきました。

  この冬は 暖冬ということで、 こちらも雪は例年よりもかなり少ない。
っていうより、降ってない・・・。
  毎年 正月休みに 腕山スキー場に スノーボードに行っているのだが、
  今年は 急きょ アイススケートに変更になったんだ。
  真央ちゃん人気で、スケートも大人気だね。うちの子供もその影響で・・・・、
  スケートをしてみた~いってことで。
  「クルクルするっ。」
  って、 無理だから、ぜったい無理だから!
    みんなができると思ってたんだろうね・・・。

  「ドレス着ていく。」
  って、 普通は寒くてあんな薄着で滑らないよ! スケートは真央ちゃんのような
  格好ですべりに行くものだと思ってたんだろうね・・・・。
  
   まあ そんな娘が かわいいな~と 親ばかぶりを発揮していたのだ!

   

  最近の 最低気温は 2度 くらいで、 薪ストーブのぬくもりがありがたいぞ。

  ところで、 薪ストーブの 灰 について、昨年からアップしていこうと思いつつ・・・。
  ワタシは、 灰は かなりため気味で 薪ストーブを使っている。
  みなさんにも そうすすめているぞ!
  
  自宅では、アンコールを使っているんだが、灰受け皿もけっこういっぱいいっぱい。
  炉内も 平均的には3~4cmほどはためているし、端のほうはもっと積もってるぞ。

  灰は 保温力があるので、灰があるのとないのとでは かなり薪持ちも変わってくると
  ワタシは考えている。 薪ストーブ本体の熱効率も 違うと思うんだ。
  だから、 ワタシはアンコールに限らず どの機種の薪ストーブでも
  灰をある程度 炉内と灰受け皿にため気味で使っている。
  ただ 焚きつけの時 着火材を使う場合は、少々ほじって置くようにしている。

  自宅のアンコールは、帰宅後の20時半~21時くらいに焚きつけ
  24時くらいに 中割~大割薪を3本ほどたして寝る。
  一日の薪量としては(くぬぎ・かし)、せいぜい10~15kgだろうか?
  その程度なので、 灰の掃除・除去は 忘れるくらいしなくてよいのだ。

  ショールームでも毎日 F600は 朝6時に焚きつけ 閉店の19時まで焚いている。
  こちらは だいたい少なくても50kg(くぬぎ・かし)くらいは、焚いているな・・・。
  だから、 1週間に一度くらいは シャベルで少し灰を除去するようにしている。
  
  「灰受け皿に 灰がいっぱいだと、空気が入らないのでは?」
  「灰がジャマして燃えないから、無い方がいいのでは?」

  という質問がある。
  燃焼に必要な空気は、 灰受け皿のほうから入ってくるのではないし、
  焚きつけ時に、灰を少しかきわけて焚けば その後灰がかぶって木が燃えないということは
  ほとんどない。
  大丈夫だぞ!


  寒い地方では、 薪の消費がこちらとは全然ちがうよね~。
  灰の溜まりようも違うよな~。
  灰の活用 みなさんどうしてる?

  後日は、 灰の活用の仕方についても アップしようと思っているぞ。
[PR]
by maki-ojisan | 2007-01-12 17:40 | 薪ストーブ

初日の出と同時にサーフィン


あけまして おめでとうだぞ!

毎年 恒例の 初日の出と同時にサーフィン

f0108852_10151476.jpg

   場所は高知(生見)

波は胸で面はかなり良く晴天海の色はエメラルドグリーンだった

朝一から12時まで友と一緒に海に入ってたぞ!やはり自然は最高~~だ!

家路に帰ると勿論、薪ストーブが焚かれてて、冷えた体を温める

みんなで炎を見ながら今日の波、ライディングに話と笑いが耐えない。

その後、波乗りで腕、胸、股、はパンパンだが、日が暮れるまで、薪割りだ!

自然との対話は心にホントに心地がいいのだ。

今年もいい年になる!!!    薪おじさん 
[PR]
by maki-ojisan | 2007-01-02 10:57 | 薪おじさんの趣味