カテゴリ:薪ストーブ生活の工夫( 24 )

暑くなりました・・・



 薪ストーブやさんは、春夏は暇なの?
 
 と尋ねられることがあります。
 答えは ・・・ そうでもないです。

 ショールームは、年中営業中です。
 いつでも お待ちしています。

 
 春は、薪づくりに精を出し 冬の寒さに備えます。

 薪ストーブメンテナンスにも 順にお伺いし始めます。
 
 また、新築は季節を問わず 建築されるので
 薪ストーブ設置へむけて、
 お客様と打合せ、設計士さんや工務店さんと打合せ、
 そして、現場へも調査や打合せに何度も伺います。

 もちろん、薪ストーブ設置工事も順にお伺いしています。

 そうしているうちに、また薪ストーブシーズンがやってきます。



 今シーズンつくる薪は、だいぶゴールがみえてきました。
 薪割りの際、細かい切れ端などが けっこうできます。
 それを集めるのも一苦労あります。
 でも、このような薪の切れ端は、とても貴重です。
 当社では、大事にしています。
 細かいので、薪ストーブの焚き付けには もってこいの薪です。
 火付きは良いし、
 クヌギの木なので 細かくても火持ちが良い!
 
f0108852_17563888.jpg

f0108852_1757169.jpg

 手間はかかりますが
 天日に干して、段ボールに入れて保管しておきます。
 今日も 天気がよく 気温が27度もあったので 
 干していました。

 
f0108852_1729183.jpg

 こちらは、先日 淡路島の現場へ打合せに行った際
 お客様から頂きました。
 淡路島といえば、玉ねぎの産地ですよね。
 さすが、甘くておいしい!
 ありがとうございました。




 
 
[PR]
by maki-ojisan | 2014-05-29 18:01 | 薪ストーブ生活の工夫

イチゴジャム作り♪


先日、会員様の K内様より 下記のようなメールを頂きました!

K内様 いつもありがとうございます。

紹介させていただきます。


薪ストーブのトップでジャム作り♪ 
いいですよね~。







f0108852_1252432.jpg

今日は良いお天気ですね
今年初のイチゴジャム作りをしています
すごく部屋中が甘い香りで嬉しかったのでメール&写メを送ってしまいました
[PR]
by maki-ojisan | 2012-04-19 12:09 | 薪ストーブ生活の工夫

ログスプリッター出動!

ある日、薪おじさん会員のH様より「玉切りの薪を割ってくれないか?」という電話が。
薪ストーブを楽しむ上で薪の確保は基本であり重要なこと。
そこで、薪を探していたところ知人より薪を分けてもらえるという話になったのだが、その薪が玉切り状態のもので難儀しているというのだ。

玉切りのものは、乾燥しにくいため燃えにくい。
斧で割るには重労働…。
しかも、“フシ”のあるものがほとんどで、このような玉切りを斧で割るのは非常に困難。

そこで、薪おじさん徳島本社より薪割り機『ログスプリッター』の出動だ!
ログスプリッターの強力なパワーでフシのある玉切りもアッサリ解決。
f0108852_14235592.jpg
f0108852_1424143.jpg
薪を割るという作業も、薪ストーブ生活の一環であり、楽しみの一つでもある。
しかし、大量の薪を割る必要があったり、今回のケースのようにフシのある玉切りを割る場合は、やはりログスプリッターが頼りになる。

割った薪を効率良く乾燥させるためのログラックも忘れないように設置。
これでH様も薪の心配をすることなく、ストーブライフを楽しめるだろう。
f0108852_14234960.jpg

ログスプリッターのご紹介!
http://www.maki-ojisan.com/free_9_30.html


薪ストーブアクセサリーなら薪おじさんにお任せ!
http://www.maki-ojisan.com/index.html

[PR]
by maki-ojisan | 2011-01-23 17:07 | 薪ストーブ生活の工夫

自然の天気予報士?

今、薪おじさん高松空港店の扉前には一風変わったアイテムが飾られている。
「自然の天気予報士」とでも言うのだろうか?

写真のように、一見ただの枝にしか見えないが…。
晴れているときは上を向き、雨の降る前などには下を向くのだ。
f0108852_16224867.jpg

f0108852_16233470.jpg
大気中の水分量に反応しているのだろうが、これがなかな便利♪
朝晴れているときに下がっているのを見ると「おや?」と思うのだが、その予想は的中!
必ず午後からは雨が降ったりするのだ。
薪ストーブ設置の予定が入っているときにも大いに参考になる。

薪ストーブ生活には直接関係のないアイテムだが、面白くて変わったものだったのでココで紹介してみた。
(販売はしていないので、あしからず…)

薪ストーブ アクセサリーをお探しならこちら!
http://www.maki-ojisan.com/

[PR]
by maki-ojisan | 2009-07-13 16:24 | 薪ストーブ生活の工夫

ログラックで薪小屋づくり

薪ストーブと言えば「薪」。
薪の確保は薪ストーブ生活の基本中の基本だ。
そこで、今日は薪を保管するための『薪小屋』を作ってみよう!

薪小屋と言うと、大規模なイメージがあって「自分ひとりでは作れない」と思うかもしれないが、実際は薪が乾燥し易い場所を作れば良いだけのこと。
薪おじさんドットコムでも取り扱っている『ログラック』も、ちょっとしたアイデアをプラスしてやれば、とても便利な薪小屋に大変身するのだ!

ログラック(大)の詳細はこちら!
http://www.maki-ojisan.com/25_498.html

ログラック(小)の詳細はこちら!
http://www.maki-ojisan.com/25_497.html


まず、お近くのホームセンターなどでトタン板を買ってくるのだ。
それをログラックのサイズ(幅)に合わせて加工する。
(ログラック大なら230cm、小なら115cm。ピッタリではなく多少長めに加工しよう)
加工と言っても長ければ切ればいいだけだし、短ければ足せば良いだけ。
足す場合は、トタン板のつなぎ目をビスで止めてやれば十分だろう。
f0108852_14364320.jpg

長さを調整したトタン板とログラックをビスで固定すれば…。
f0108852_14283577.jpg

はい!立派な薪小屋のできあがり!!
f0108852_1425263.jpg

ログラックは元々、薪と地面の間に少し距離ができる構造(薪が乾きやすい)なので、これに雨を防げる屋根を足してやれば、薪小屋として十分な働きをしてくれるのだ。
風でトタン板が動くようなら、ヒモなどでトタン板を固定してやれば良いだろう。
[PR]
by maki-ojisan | 2008-05-20 14:40 | 薪ストーブ生活の工夫

Mさんの薪小屋 報告!

f0108852_14425828.jpg


   高松市 Mさんの 薪小屋の写真を送ってくれたぞ!

   十分な量が入り、 いい薪小屋だなぁ。
   Mさんの セルフビルドだ。

   Mさんの薪ストーブは バーモントのアンコール。

   これで、どんどん寒くなっても  ちゃら~♪ へっちゃら~ ♪ だね!
[PR]
by maki-ojisan | 2007-12-14 23:48 | 薪ストーブ生活の工夫

薪ストーブの季節・・・・

  まだまだ 昼間は30度超えの気温・・・・。
  
  でも そろそろ薪ストーブ生活への準備を始め出した方が
  増えてきたのだろうか・・・?
 
  薪ストーブ関連のグッズや薪 の注文が
  グッと多くなってきているぞ!

  
f0108852_1339321.jpg

                クヌギ乾燥薪 500kg

     ちなみに 薪は日通アロー便で こんなコンテナに入って
     お届けしているぞ!





    
[PR]
by maki-ojisan | 2007-09-18 13:39 | 薪ストーブ生活の工夫

薪の乾燥すすむ・・・。

f0108852_1345159.jpg

  去年秋に伐採した木を 今年の1月から薪として割っている。

  伐採して 枝をつけたまましばらく山に放置しておく。
  すると 木の内部の水分を枝がほとんど吸い上げてくれるんだ。

  それから 山からおろしてきて割る。

  表面は だいぶ乾燥しているぞ。
  が、内部はまだまだ・・・・。

  現在 表面の含水率は、12~15%ぐらい。
      内部の含水率は、24~26%ぐらい。

  薪ストーブで薪として焚くときには、
  内部の含水率が15%以下のものが理想的とワタシは考えている。

もちろん 皆さんに販売する薪は、内部の含水率15%以下でと努力しているぞ。

  いまある2年ものの薪は、内部の含水率が9%だ!
[PR]
by maki-ojisan | 2007-05-25 14:00 | 薪ストーブ生活の工夫

薪づくり 頑張ってるぞ!

 昼間は 日差しが強いな~。
 
 薪おじさんの薪割りチームも 毎日薪割り頑張ってるぞ!
 薪おじさんの店では、 独自で山から木を切っておろして来て 薪を割っている。
 あと森林組合さんにもご協力を頂いている。
 

 一口で 山から木を切って・・・ と言っても、 これがけっこう大変な作業だ。
 足場が急斜面だっだり、 ユニック車が近くまで入らない場所もある。
 そして、汗水ながして 薪割り・・・・。 
 薪エネルギーの ぬくもりは、 そんな作業を経ているから
 いちだんと感じられる・・・。
 薪ストーブを使っていない人から言わせると、 「何でそこまで苦労して・・・。」
 と理解できない部分が多いかもね(笑)。
 

 くぬぎは、必ず 樹齢30年以上のものを伐採している。
 なぜなら、 木は樹齢30年ほどで二酸化炭素の吸着量が
 最大となると言われており、あとは、増加しなくなるんだそうだ。

 木は 二酸化炭素を吸収することで、地球温暖化防止に貢献している。
 が、吸収能力がなくなってしまっては・・・・。
 つまり 木はある樹齢に達したら伐採して利用し、
 また新しい木を植える、 または 育てる・・・・。
 このサイクルを守ることによって 木による 一定量の二酸化炭素吸収が 
 保たれるんだ。

 
f0108852_11181216.jpg
f0108852_11151121.jpg
f0108852_11161149.jpg
f0108852_11163640.jpg

[PR]
by maki-ojisan | 2007-05-13 11:29 | 薪ストーブ生活の工夫

薪棚!

f0108852_20404940.jpg
f0108852_2041034.jpg

     今シーズンも 薪作り順調だぞ!
     例年よりも、 薪の量を増やしているので 
     今ある薪棚では入りきらない!
     ってことで、鉄製のコンテナを用意した。
     薪置き場も、けっこうな広さいるよ~っ。
     みなさん、 少しでも 早めに買ってくれぇ~!!
     そしたら、場所があいて新たな薪がつめるのだ・・・・。 
     よろしく。
[PR]
by maki-ojisan | 2007-04-06 20:45 | 薪ストーブ生活の工夫