カテゴリ:薪ストーブ( 64 )

薪ストーブとワタシ

今年は、比較的あたたかいね~。
  特に、昼間なんか 日差しがまだキツかったり・・・。
  まあ 朝晩は、寒くなってきているが。

  このあたりでも、 そろそろコタツ、電気カーペット、厚めのジュータン、
  その他の暖房機器を用意する方も。

  もちろん 薪ストーブもそろそろ・・・・・本格的に焚こうかな~という気分。

  何ヶ月も前から計画している方に加え、 この冬どうしても使いたいのだが 間に合う?
  っていうお客様も どんどん飛び入りがあり、
  薪ストーブ工事の方も、 かなりラッシュだぞ!
  何ヶ所も、掛け持ちで設置・打合せという状態が 続いている。
  この時期からは、 特にそうなるので仕方がないが・・・・。

  どのお宅も、 ベストなプランをご提案したいし、
           何十年も生活を共にするものだから、長い目で見てプランを考えたい。
  それに、 ワタシはプロとして 妥協をしたくない。
  頑固だと思われるかもしれないが、 細部にわたり追求してしまうんだ。
  たとえば、断熱二重煙突の種類。  同じ二重煙突でもメーカーによってそれぞれ違う。
  ワタシが愛用している煙突は、SFL社のNOBA
  これは、世界的に見ても高品質な物だ。
  ただ、ひとつ短所がある。 それは・・・・重い! 1mの煙突一つで 軽く10kgはある。
  この重さで、随分施工時間や労力に違いがでてくる。 
  が、それでもこの煙突にこだわりたい。もちろん、価格も高めにはなる。
  でも 長い目で見ると、その分違いはあるんだ。
  それから、 使用するコーキングの種類だとか、 煙突のつなぎ目のくる場所だとか、
  いろいろだ。
  そのくらい・・・と思われそうなところでも、 
  ワタシにとては そのくらいのレベルではないのだ!

  あ~、寒い冬が近づいているというのに  どんどんアツイ人間になっている・・・(笑)。
  
  
  見積・図面待ちをしてくれている方も、 けっこういらっしゃるので 申し訳ないが
  精一杯 がんばっているので、 どうかご了承を・・・。

  
f0108852_20431341.jpg

      毎晩 けっこう遅くまで 起きていることが多いので、
      アンコールと共に。
      風呂上りの、ポカポカ感が ずっと続く。






  
  
  
[PR]
by maki-ojisan | 2006-11-04 20:46 | 薪ストーブ

今の子供たちと 薪焚き! 薪ストーブを使って。

        昨日・今日と 地元の中学生が 職場体験にやって来た。

   薪運び、薪積み、現在 町内で進んでいる薪ストーブ工事の現場に煙突の搬入、
   カタログに店名のスタンプを押してもらったりと、 助かったぞ!

      さらに、今日は  薪ストーブの火付けに挑戦してもらったぞ!
 
     まずは、 着火材、 焚き付けようの細い木、 クヌギの中割薪、ライターを用意。
     これらをならべて、
                  「 自分で考えて、自由に火をつけてみて。」
     と、挑戦してもらった。

              さあ、 どういう風に 火をつけるのか?
      最近の子供たちは、焚き火を経験したことがないと 聞く。
      学校の行事で、キャンプファイヤーをしても 準備は先生・・・・。

     そこへ、「 お世話になります~。」   校長先生も登場。
  
      さあ、 とにかくやってみよう! 
      ワタシたちが 見守る中、  2人は 始めた。  ・・・・・注目!


f0108852_1714935.jpg

            はじめに、 細い木を 炉の中へ放り込んだ。
            次に、   クヌギの薪を積み上げた。
            最後に、 着火材は?

f0108852_1715732.jpg

           クヌギの薪の上に のせて火をつけた。
         んんん?  着火材だけが 勢いよく燃えているぞ!

               今からでも遅くはない!
            どうしたら、 木に火が燃え移るのか?    
         細い木と 太い木と どちらが 燃えやすいと思う?

f0108852_172447.jpg

           薪おじさんのアドバイスを参考に、 何とか木が燃え出した!
                     やったぁ~!



        後で聞けば、 焚き火はしたことがなく、 木を燃やしたことがないと言う。

        そうだよね~。 当然のことだ。 
        少し前の日本では、 冬になれば そこら中で 焚き火をしてあたたまり、
        風呂は薪で沸かし、 ごはんも薪で炊く。

        今よりも 薪エネルギーが、 身近だった。

f0108852_1721123.jpg

                こちらは どうかな?
        お~ 木が燃え始めている! が・・・ 良く見ると、
       一番下に 太い薪。 その上に細い薪。 細い薪を少しかきわけて 着火材。

            もうすこし 工夫すると もっと燃えるね。
 
         
f0108852_1721958.jpg

         一番下にあった太い薪を、 一番上に持ってきた。

        よ~し いい感じだ。  きれいに 燃えているぞ!



      先生のお話によると、 マッチをすって火をつけることが できない子もいるらしい。
       ああ、 そうだよね、 マッチ使うと時って めったにないよね。

          今の時代の日本は、 そうなんだよね。


          薪焚き人の生活  復活! 活動はつづく・・・・・・・。










 
        
[PR]
by maki-ojisan | 2006-11-02 17:02 | 薪ストーブ

薪ストーブ設置して 初めての火入れの儀式

  

  毎日 秋晴れの日が 続いているが いかがお過ごしかな?


  いよいよ  30日~ 香川サンメッセで開催される

  ウッディフェスティバル に参加ということで、 

  薪おじさん  その打合せ・準備にと がんばっているぞ!

  薪ストーブを 持参なので その段取りも。

  薪ストーブアクセサリーも オススメのものを 展示販売するから、

  そろそろ揃えたいな~という方は 手にとって選べるから 是非どうぞ☆

  ツールセット、薪のラック、スティーマー、ダッチオーブン などなど。


  もちろん 薪ストーブの取り付け工事も コツコツと。

  お客様の 喜ぶ顔を見ると ワタシも うれしいぞ!

  特にね、 薪ストーブが設置完了し、 火入れ式を行う時なんか

  お客様と一緒に ワクワクだね♪

  薪おじさんのルールの一つとして、 火入れの儀式をきちんと行うこと。

  儀式を行う日は、暦を確認して ひのと など 火の付く日を避けている。

  お客様が気にしない場合や どうしてもという希望がある日は 強制はしないが・・・。

  そして、さかきや お神酒 塩 御幣 などを 用意して

  火の神様をむかえるように している。

  古くさい と思う方もいるだろうが、 これから永い月日 生活をともにする薪ストーブだもの。

  感謝を忘れず、 おおいに楽しむため、 心がけているんだ。

  また、 新しい薪ストーブの慣らし方、 操作方法も じっくり説明。

  その後、 じっくりと自分の薪ストーブと向き合ってもらいながら、 

  適宜 サポートしていく。

  
  自分の手で 火を入れ、 ゆらゆらと燃える炎を見ながら

  くつろいだり 考え事をしたりするのは、 薪ストーブオーナーだけがもつ

  至上の時間だよね。


               ともに 楽しもうね。

  薪ストーブオーナー同士で いろいろな楽しみ方や 経験談の情報交換は

  いちだんと たのしさが増し、いいものだしね。

  どんな マニュアルよりも 実践的であったり・・・。

  

  


  
  

  
[PR]
by maki-ojisan | 2006-09-28 17:39 | 薪ストーブ

薪ストーブ F600 空気調整レバーのメンテ

朝晩が だいぶ涼しくなってきた・・・・。 秋が 一歩一歩 近づいてるね。

さて、 薪ストーブのシーズン 本番を 間近にして 

この冬こそ 薪ストーブを! というお客様が

薪おじさんのショールームにも かなり 訪れてくれている。

今日 いらしたお客様にも 薪ストーブに火を入れて ゆらゆらと美しく揺らめく炎を

見ていただいた。

とても 楽しい時間を過ごさせてもらいました。  楽しむのが一番だからね。

そこで ちょっと気づいたコトが・・・・・・・・・・・・・・・・。

ショールームで 焚いている 薪ストーブ F600の 空気調整レバーが動きにくい!!

んんん~、何か引っかかった感じがある・・・。

F600は 前扉の下にある空気調整レバーを 左右にうごかして 本体に入る空気を

多くしたり 少なくしたり 調節するようになっている。

F600,F500は少し動きにくくなるようだ!

f0108852_1853357.jpg

f0108852_1854083.jpg

まずは 六角レンチをつかって 炉の手前の 空気噴出し口を 開ける。
f0108852_1855880.jpg

この部分が 引っかかるような原因だな。
スライド板を レバーで左右にスライドすることで 調節するのだが
この部分で レバーと本体との間に 摩擦が原因だ。
f0108852_1858381.jpg

鉄ヤスリで 少し削って 調整してみると スライド板が スムーズに動くようになった。
空気噴出し口を 戻して メンテナンス 完了だ。

毎日使っていく中で  お手入れを してやるのも 薪ストーブと一緒に

楽しい生活をおくる 大切な秘けつだね。


     薪おじさん.com
[PR]
by maki-ojisan | 2006-09-08 19:04 | 薪ストーブ

薪ストーブのプロ  さらに パワーアップ !!


     ご無沙汰してるね~。 ただいまぁ。

    長野から 帰ってから なかなか報告できなくて ごめん・・・・っ。

   打合せやら、 薪ストーブの設置工事やら、煙突の取替えやら・・・・で、

             バタバタ としているのだっ。
f0108852_20271681.jpg

     こちらは バーモントキャスティングス日本総代理店 ファイヤーサイド社の
         社長 ポール キャスナー氏 と 薪おじさん
           一緒に夕食をしているところなんだ。
     ポール氏は 実に楽しくて気さくな方。話をしてると時間をわすれてしまう・・・。
f0108852_20274526.jpg

          こちらは ファイヤーサイド社 の 庭への入口。
     外にも アンコールの薪ストーブが ディスプレイされているんだ。
f0108852_2028990.jpg

           こちらは ファイヤーサイド社 のショールーム前。
                  いい雰囲気だね~。
             煙突が 何本も立っているだろぉ!!  

    たいへん有意義な日を 送ることができた!  楽しかったし、勉強になった。

          ファイヤーサイド゙社の ポール氏をはじめ みなさん

                ありがとうございました。





       いろんな 話は また 報告するよ!  ではでは・・・。 





                             薪おじさん.com
[PR]
by maki-ojisan | 2006-08-29 20:36 | 薪ストーブ

薪ストーブ プロ 向上委員会へ!

台風も 過ぎ去り いい天気が 続いている。

さて 本日より 薪おじさんチーム 3日間、 長野県に行ってくるぞ!

バーモントキャスティングス日本総代理店の  ファイヤーサイド社へ訪問だ。

それと、 薪おじさん.comでもリンクしている ストーブ・アートさんのとこも訪問す
る。

定期的に 技術の向上のため、そして情報交換のため、などなど・・・・・・。

薪ストーブを取り扱う プロとして 常に向上心をもって頑張っているんだ。

長野は もう涼しいのだろうか?
[PR]
by maki-ojisan | 2006-08-21 07:00 | 薪ストーブ

薪ストーブ報告 ビッグフット編!

f0108852_14173081.jpg
f0108852_14164231.jpg


   ついに!!  ビッグフットさんの煙突取替え工事
   
    そして   炉台リニューアル & アンコールメンテナンス  完了!!

                を 報告させてもらおう~。

  一段と パワーアップした このアンコールを 見て ☆☆☆

  ビッグフットさんも たいへん 喜んでくれた。 よかった よかった♪

  今年の火入れ日は 11月2日 と決めてるんだって!

  楽しみだね~。

  ビッグフットさんの ブログでも 報告が綴られているので 遊びにいってみて!




                             薪おじさん.com




追伸・・・・・ この前 自宅から 入道雲を 撮影した。  おもしろい形だっ。
f0108852_14301966.jpg


  
[PR]
by maki-ojisan | 2006-08-17 14:30 | 薪ストーブ

日本では珍しい薪ストーブ、真っ赤なディファイアント!

f0108852_13413885.jpg


      ついに!!  ディファイアント レッド  がぁぁぁぁ~
   
      薪おじさんのショールームに 入荷したぞ!!

  ディファイアントは バーモントキャスティングスの最大のモデル。

  世界的にも最大級の薪ストーブだ。

  「ディファイアントと乾いた薪があれば、どんなに厳しい冬もなんとかなるさ。」

  それが、冬深く厳しい冬がつづくバーモント州の 新しい格言に!!

  その名の通り どんな寒さにも負けない 大胆不敵なストーブなのだ。

  この ディファイアント 今まで カラーは 

  ブラック ・ サンド ・ スウェードブラウン の 3色だった。

  が! この度 薪ストーブファンのご要望で レッドが 仲間入りしたのだ

  まだ、日本では 数台しかないと いわれている・・・。

  すごい 迫力だ! かなり存在感がある! ワタシの家ではアンコールのレッドを

  愛用しているが、 またひと味違って、 すばらしいなぁ。




                                薪おじさん.com 
[PR]
by maki-ojisan | 2006-08-16 23:05 | 薪ストーブ

アナタの薪ストーブの煙突は大丈夫?その2

暑中お見舞い申し上げます。

きびしい暑さが続いているが、 みんなは いかがお過ごしかな?

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ところで  以前に 煙突の取替えにいくぞ!  っと

ビッグフットさんのところを 紹介したのだが

報告が遅れてしまって 申しわけない。

天気やら いろいろ事情があって 延期されていたのだった。

f0108852_1437239.jpg
f0108852_14372131.jpg


ビッグフットさんのところは 薪ストーブは バーモトキャスティングス の アンコールを愛用。

そして 煙突は 屋根出しで チムニーを立てている。

ご自分で カナダから 輸入して 

知り合いの大工さんに 取り付けてもらったらしい。

それから 6年 愛用されているのだ。

まず 既存の煙突を すべて 取外し、

チムニー内の 不燃処理を行った。 (不燃処理がされていなかったのだ。)

天井や 屋根の 開口部分も し直し。

煙突は 屋外は二重煙突、室内はシングル を使用。

室内には 煙突掃除もしやすいように スライドアジャスターを 使用した。

薪ストーブ本体は・・・というと 雨漏りによる痛みが多く

薪おじさんのところへ お持ち帰りをして メンテナンスをすることとなった。
f0108852_1114599.jpg
f0108852_11115119.jpg
   上:新品 下:ビッグフットさん使用後

キャタリックコンバスターの消耗も激しく、

バックパネルの内部や フルーカラー(煙突を接続する部分)など が

だいぶ錆びていて 固定しているビスも 錆びてくちていたんだなぁ。

まあ とにかく この冬は 新しくうまれかわる アンコールと煙突で

ますます 素敵な ぬくもりのある スローライフを楽しめること 間違いなしっ♪

それに 炉台も リニューアルする予定。

            !!完成!! 

とまでは 少々 時間が必要になるが 

そのときは また報告させてもらおう!

ちなみに ビッグフットさんの ブログでも 報告がつづられているので

ぜひ 遊びにいってみて!





                                 薪おじさん.com
[PR]
by maki-ojisan | 2006-07-29 23:30 | 薪ストーブ

アナタの薪ストーブの煙突は大丈夫?その1

 
f0108852_23514691.jpg
今日 やっと晴れた! 青い空 久しぶりに見たぞ。

あんまり きれいな空だったから 写真に撮っておこうと思ったんだけど

撮りそこねてしまった。 残念・・・。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

明日は 煙突の取替えに行く予定。

薪おじさん.comで リンクしている BIG FOOT さんとこ。

BIG FOOT さんちの薪ストーブは バーモントキャステイングスの アンコール。

6年使っておられ、煙突に不具合が生じてきているので
この度 煙突を取り替えることにしたのだ。f0108852_23373592.jpg















生まれ変わった姿を 乞うご期待!






 追伸  なすがおししい。。。ワタシは焼きナスで いただいていマス
f0108852_2346162.jpg


                                        薪おじさん.com
[PR]
by maki-ojisan | 2006-07-11 23:57 | 薪ストーブ