カテゴリ:薪ストーブ( 64 )

ヨツールF400を分解してみよう!

今日は、ヨツールF400を分解してたゾ。
展示していた薪ストーブなので、メンテナンスというわけではない。
薪ストーブ施工班のスタッフにヨツールF400の構成・分解&組立・メンテ箇所を直伝するための授業なのだ。

その授業の中で、とくに注意する点を簡単にピックアップしてみた。
まずは、耐火レンガの存在だ。
f0108852_17155749.jpg
f0108852_17162291.jpg
実はヨツールF400を設置していても、自分の薪ストーブの中に耐火レンガが内蔵されていることを知らない人が多い。
耐火レンガ内蔵の場所は写真で確認して欲しい。確かに分かり難い場所ではある。
薪ストーブのメンテナンスの際には、耐火レンガのチェックも忘れずに!

メンテナンスの重要箇所であるエアチャンバー(空気の調節口)。
薪おじさんドットコムのヨツールF500のメンテナンス講座の中でも説明したが、この部分のメンテナンスは重要だ!
メンテナンスの際には刷毛や掃除機を使って十分にキレイにしておこう。
f0108852_1721890.jpg
f0108852_17213718.jpg
今回はスタッフの授業も兼ねていたので簡単な説明となったがお役に立てたかな?
薪ストーブのあるご家庭では、そろそろメンテナンスのことを考えているのではないだろうか。
来期も頑張ってもらうために、薪ストーブのメンテナンスは心を込めて入念に!
[PR]
by maki-ojisan | 2008-06-13 17:27 | 薪ストーブ

天気が悪い日は薪ストーブ♪

桜の花を、あちらこちらで目にするようになった今日この頃。
ポカポカ陽気が続いていたが、昨日・今日と高松は悪天候なのだ。
肌寒いので「薪おじさん高松空港店」では2台の薪ストーブを焚いたているゾ。
f0108852_116297.jpg
↑ヨツールF500
f0108852_1164020.jpg
↑バーモントのアンコール

[PR]
by maki-ojisan | 2008-04-08 11:16 | 薪ストーブ

薪ストーブ・煙突 点検、掃除、メンテナンス回ってるぞ!

f0108852_216984.jpg
f0108852_2161846.jpg


   掃除やメンテナンスの依頼があった方
   順番に回ってるぞ!

   この冬も 小春日和の日溜りのような 暖かさを楽しみに
   薪ストーブさんをいたわりマス。 
   お疲れ様。
   また よろしく。

   
[PR]
by maki-ojisan | 2007-06-15 21:10 | 薪ストーブ

2006年ヨツールベスト8

オーロラに似た炎が見られることでも有名なヨツールの薪ストーブ。
確かに、ヨツールの薪ストーブは炎が美しい。そして、ゆったりとした動きで、その炎には
何ともいえない癒しの力があるぞ!

オーロラといえば、自然の神秘。このオーロラ出現予報がテレビで見られることになった!
らしいぞ・・・。
はじめたのは、ノルウェーの民放テレビ局[TV2」で、天気予報番組の中でオーロラの出現
予報をしたところ、番組終了後にはたくさんの問い合わせがあり大好評だったんだって。
オーロラが見える地域のデータは、ノルウェーの宇宙観測所の衛星から送られてくるもので、
オーロラが出そうな時のみ ニュース番組の後に放送するそうだ。

ん~、本物のオーロラは さぞかし素敵なんだろうな~。

   
f0108852_16415771.jpg

   ヨツールNEWS による 2006年ヨツールベスト8 を発表!

     1.F500 ブラックペイント (1)
     2.F400 ブラックベイント (1)
     3.F3   ブラックペイント (3)
     4.F100 ブラックペイント (5)
     5.F500 ブルーブラック (4)
     6.F400 ブルーブラック (6)
     7.F250 グレーペイント (7)
     8.F600 ブラックペイント (9)
  
        *( ) は、昨年の順位

  やはり日本全国でも、F500が いちばん人気だな。
  薪おじさんの店でも、ダントツにF500が多い。 

  ちなみに バーモントキャスティングスでは ダントツにアンコールが多いぞ!





   
[PR]
by maki-ojisan | 2007-03-09 16:39 | 薪ストーブ

ヨツール


     久しぶりの雨が降る 四国徳島。
       みなさん いかがお過ごしかな~?

     ワタシは、四国縦断!?  香川→徳島→高知 と活動しているぞ。

     この時期は、 向春 ってことで 新築を建て始める方が増えるから、
     薪ストーブも 新築と同時にという方が多い。


     さて、先日 ヨツール日本総代理店の役員の方達が 
     薪おじさんのショールームへ いらして下さったぞ!!

             ありがとうございました。

      いろいろな話に 花が咲きました♪
     薪ストーブへの ワタシの情熱を アツくアツく語らせていただいたぞ(笑)。

      これからも 薪ストーブの良さ、楽しさを 多くのみんなに伝えていくよ。
     そして ヨツール正規代理店としても ますますヨツールストーブの
       素晴らしさを広めるぞ~  お~!
     


         
                              薪おじさん.com
     

     
[PR]
by maki-ojisan | 2007-02-09 17:34 | 薪ストーブ

薪ストーブ・・・暖房以外での活躍

f0108852_172314.jpg

      薪ストーブの炉内で 魚(いさぎ)を焼いているところ。
      魚の表面はカリッと、中身はホックリ、魚の臭みもなく
      おいしく焼けるぞ!
      
      もちろん オリジナルクッキングスタンドを置いて、 
      その上に 網と魚を置くだけの 簡単! 薪ストーブ料理だなっ。

f0108852_17235846.jpg

       薪ストーブの上には 常に、 スティーマーと鉄瓶だ。

       また、この鉄瓶で沸かしたお湯で、お茶をいただくと おいしいんだよね~♪
       この南部鉄器、素朴でやさしい表情を持っている。
       伝統工芸師の手づくりの良さが伝わってくるぞ・・・。
       4ℓ って結構 探したし、 出来上がるまで 待ったよ。
       でも その甲斐はあるね。


       あと、ダシもよく薪ストーブの上で出すな~。
      我が家は、みそ汁などのダシは 必ずいりこダシ!
 
       だから、大きな鍋に 水といりこをたっぷり入れて、薪ストーブの上にかける。
      ゆっくりとじわじわと ダシが出るから、うまいんだ!




 
    
[PR]
by maki-ojisan | 2007-01-28 17:46 | 薪ストーブ

薪ストーブと灰

f0108852_16591218.jpg
f0108852_16592881.jpg


  1月も、はや12日だな~。 ちなみに昨日は ぜんざい いただきました。

  この冬は 暖冬ということで、 こちらも雪は例年よりもかなり少ない。
っていうより、降ってない・・・。
  毎年 正月休みに 腕山スキー場に スノーボードに行っているのだが、
  今年は 急きょ アイススケートに変更になったんだ。
  真央ちゃん人気で、スケートも大人気だね。うちの子供もその影響で・・・・、
  スケートをしてみた~いってことで。
  「クルクルするっ。」
  って、 無理だから、ぜったい無理だから!
    みんなができると思ってたんだろうね・・・。

  「ドレス着ていく。」
  って、 普通は寒くてあんな薄着で滑らないよ! スケートは真央ちゃんのような
  格好ですべりに行くものだと思ってたんだろうね・・・・。
  
   まあ そんな娘が かわいいな~と 親ばかぶりを発揮していたのだ!

   

  最近の 最低気温は 2度 くらいで、 薪ストーブのぬくもりがありがたいぞ。

  ところで、 薪ストーブの 灰 について、昨年からアップしていこうと思いつつ・・・。
  ワタシは、 灰は かなりため気味で 薪ストーブを使っている。
  みなさんにも そうすすめているぞ!
  
  自宅では、アンコールを使っているんだが、灰受け皿もけっこういっぱいいっぱい。
  炉内も 平均的には3~4cmほどはためているし、端のほうはもっと積もってるぞ。

  灰は 保温力があるので、灰があるのとないのとでは かなり薪持ちも変わってくると
  ワタシは考えている。 薪ストーブ本体の熱効率も 違うと思うんだ。
  だから、 ワタシはアンコールに限らず どの機種の薪ストーブでも
  灰をある程度 炉内と灰受け皿にため気味で使っている。
  ただ 焚きつけの時 着火材を使う場合は、少々ほじって置くようにしている。

  自宅のアンコールは、帰宅後の20時半~21時くらいに焚きつけ
  24時くらいに 中割~大割薪を3本ほどたして寝る。
  一日の薪量としては(くぬぎ・かし)、せいぜい10~15kgだろうか?
  その程度なので、 灰の掃除・除去は 忘れるくらいしなくてよいのだ。

  ショールームでも毎日 F600は 朝6時に焚きつけ 閉店の19時まで焚いている。
  こちらは だいたい少なくても50kg(くぬぎ・かし)くらいは、焚いているな・・・。
  だから、 1週間に一度くらいは シャベルで少し灰を除去するようにしている。
  
  「灰受け皿に 灰がいっぱいだと、空気が入らないのでは?」
  「灰がジャマして燃えないから、無い方がいいのでは?」

  という質問がある。
  燃焼に必要な空気は、 灰受け皿のほうから入ってくるのではないし、
  焚きつけ時に、灰を少しかきわけて焚けば その後灰がかぶって木が燃えないということは
  ほとんどない。
  大丈夫だぞ!


  寒い地方では、 薪の消費がこちらとは全然ちがうよね~。
  灰の溜まりようも違うよな~。
  灰の活用 みなさんどうしてる?

  後日は、 灰の活用の仕方についても アップしようと思っているぞ。
[PR]
by maki-ojisan | 2007-01-12 17:40 | 薪ストーブ

薪ストーブ ぬくいわ~。

師走に入り、 急に寒さが厳しくなってきたぞ!
    風邪などにまけていないかな?

    12月といえば、 いろいろと気ぜわしい月だ。
    
    薪おじさんは そんな12月生まれ。 あわただしく12月3日の誕生日をむかえ、
    年内のスケジュールをこなすため頑張ってます!

f0108852_13354441.jpg

    こちらは ちょうど1ヶ月前に 薪ストーブを取り付けた S邸。
    ヨツールF500 ブルーブラックエナメル。
    すべて断熱二重煙突を使用。 屋根抜き、直管。

     柱と梁も 薪ストーブとのいい相性だ。
    
    Sさん宅は、少し山へ上がったところにあるから、ワタシのところより
    かなり寒い。
    さすが!   もう薪ストーブの焚きつけはお手の物。
    お風呂も薪を使っているので、火は焚きなれているんだね。
    「今年からは、冬ぬく~におれるて ええわぁ~。」 と。
    訳すと、 あたたかく過ごせて良い とのこと・・・(笑)。
    「もう寝ようか~、 もうちょっとして寝ようか~。」という感じで
    薪ストーブの前で、ご夫婦 のんびりしているらしい。

    そりゃそうだ。 ぬくいよ~。 気持ちいいよね~。



   






    
[PR]
by maki-ojisan | 2006-12-07 07:28 | 薪ストーブ

薪ストーブで 雨の日でも洗濯日和!

f0108852_1013846.jpg


      四国では、 近頃 毎日のように雨・・・ 曇り・・・・
      すっきりしない天気が続いている。

      だから 毎日のように洗濯物が 部屋干し!
   
      でも 大丈夫! 薪ストーブがあれば、カラッと乾くぞ!

      加湿の役目も兼ねて、 一石二鳥だ~。

      ワタシの自宅の薪ストーブは、 アンコールなんだが、
      オプションでウォーミングシェルフをつけている。
      それには、付属でミトンラックがついているから、 そこに干すと乾きも早い。
   
      子供のジーンズとか 干すのにちょうど良い。
           (わが子は よく汚すから、着替えがたくさんいるのだ・・・。)

      もちろん 留守にする時は、 薪ストーブの近くに洗濯物を干すことは
      厳禁だが・・・。


     わが家には、 浴室乾燥機
              除湿機(洗濯乾燥モード付)
     
              たちもあるが、 やはり薪ストーブが一番優秀だ。
[PR]
by maki-ojisan | 2006-11-29 07:11 | 薪ストーブ

薪ストーブ ガンガン焚いてる~?

f0108852_19334636.jpg

             これは  何でしょう!?





       これは カンナくずだぞ! 自社工場で出たものだ。
      実は、 ワタシこれを着火材として 使用しているのだ!
                   
      適当な量を 丸めて、 焚きつけようの薪の下や間に入れて火をつける。
      これが、 優秀で、 けっこういいんだよね。

      カンナくず → 細い薄い焚きつけ用 → 少し細めの薪 いろいろ
                   (これも工場の廃材)
                                      って 感じで焚きつける。 
      そして、 たっぷりのおき火をつくるのだ!
      この おきのジュータンを たっぷりつくることが 
      薪ストーブの温度をあげて、 安定した暖かさを保つ ポイントだぞ!
      太めの薪は、 ちょっと我慢して待って、先におきを十分つくって
      温度が上がってから入れる。
    
f0108852_1934095.jpg

f0108852_19343018.jpg

      アンコールの クッキンググリドルを開けて とった写真。
       おきのジュータンを 炉内の床に敷き詰めるんだ。

f0108852_19345451.jpg

        アンコールの 取り扱い説明書の記載によれば

      グレード(火格子)の上に 燃えさしがたまるまで 十分に火を燃やします。
      真っ赤な燃えさしが、火床全体にできるまで 薪の補給を続けます。
  
         とあるね。

      燃えさし →  おき火 だね。
      このおき火が少しあれば、 薪は燃えてくれるのだけど、
      温度の上がり方が、全然違う!
      
     薪ストーブを取り付けて、 焚き方を説明し、
     何週間かしてから、再度説明に行く。
     そして、さらに 定期的に 訪問 または、 コンタクトをとる。 が、

     薪ストーブ初心者さんに多い 悩み
     それは、 薪ストーブを焚いても お部屋が暖まらない。
           薪ストーブの温度が 上がらない。

     原因は おき火が足りないことが、 多いね。

     
     同じように説明しても、 意味のとり方が違ったりするから、
     いろいろ言葉をかえて話したり、 じっくり 向き合うように心がけている。

     
     薪ストーブを使い始めた って方 どうですか?
     また、 ベテランの方も どうでしたか?
     やはり 薪ストーブユーザーの方たちの多くの意見を聞けると
     とても参考になるし、楽しいし・・・・。


     まあ、薪ストーブと生活していく中で、自分の薪ストーブの特徴・特性を
     つかんでいくことも 大切だね。
[PR]
by maki-ojisan | 2006-11-26 20:10 | 薪ストーブ