自然の温もり全開のS様邸

木の特長を最大限に生かした家に、薪ストーブのスペースを設けることで、最高の癒しの空間を作り出した。
写真を撮影していたワタシも時間を忘れてしまうほど。
自然の温もりに十分に癒されたのだ。
S様邸に訪れた客人も知らぬ間に長居してしまうのではないだろうか。
f0108852_1505646.jpg
設置したのは大型サイズのヨツールF500。
フロントドアが広く設計されているので、燃える薪の様子が存分に鑑賞できる上に、炉内やストーブトップも広く使えるのでストーブ・クッキングも楽しめる機種なのだ。
壁ぎわでなく、部屋の中央付近に薪ストーブを設置することで家全体に温もりが広がるようになっている。
暖房面積も設置したストーブのサイズを考えれば問題ないだろう。

薪おじさんドットコム
http://www.maki-ojisan.com/index.html

[PR]
by maki-ojisan | 2008-12-23 18:16 | 薪ストーブの設置施工例
<< 謹賀新年 角トップがカッコいい!W様邸の... >>