ログラックで薪小屋づくり

薪ストーブと言えば「薪」。
薪の確保は薪ストーブ生活の基本中の基本だ。
そこで、今日は薪を保管するための『薪小屋』を作ってみよう!

薪小屋と言うと、大規模なイメージがあって「自分ひとりでは作れない」と思うかもしれないが、実際は薪が乾燥し易い場所を作れば良いだけのこと。
薪おじさんドットコムでも取り扱っている『ログラック』も、ちょっとしたアイデアをプラスしてやれば、とても便利な薪小屋に大変身するのだ!

ログラック(大)の詳細はこちら!
http://www.maki-ojisan.com/25_498.html

ログラック(小)の詳細はこちら!
http://www.maki-ojisan.com/25_497.html


まず、お近くのホームセンターなどでトタン板を買ってくるのだ。
それをログラックのサイズ(幅)に合わせて加工する。
(ログラック大なら230cm、小なら115cm。ピッタリではなく多少長めに加工しよう)
加工と言っても長ければ切ればいいだけだし、短ければ足せば良いだけ。
足す場合は、トタン板のつなぎ目をビスで止めてやれば十分だろう。
f0108852_14364320.jpg

長さを調整したトタン板とログラックをビスで固定すれば…。
f0108852_14283577.jpg

はい!立派な薪小屋のできあがり!!
f0108852_1425263.jpg

ログラックは元々、薪と地面の間に少し距離ができる構造(薪が乾きやすい)なので、これに雨を防げる屋根を足してやれば、薪小屋として十分な働きをしてくれるのだ。
風でトタン板が動くようなら、ヒモなどでトタン板を固定してやれば良いだろう。
[PR]
by maki-ojisan | 2008-05-20 14:40 | 薪ストーブ生活の工夫
<< 薪ストーブメンテナンス講習会の... 薪ストーブと未来の画家 >>