ダッチオーブンのすすめ!

f0108852_19333168.jpg


   ダッチオーブンを持っている人なら、よく分かると思うけど
  ダッチオーブンでなら ほとんど手間をかけなくても、おいしい料理ができてしまう!
 
  鋳鉄でできたダッチオーブンは、熱を保ち冷めにくいんだ。
  時間はかかるけど、一度熱してしまえば
  高い蓄熱効果を発揮してくれるぞ!
  そして一定の温度で調理が進む。
 
  熱が鋳鉄をとおして ゆっくりと包み込むように伝わっていく。
  一方、鍋の中の素材は 自身の水分と油分で調理されていく・・・。
  水分は水封機能を生み、さらに高い圧力を生じさせるんだ。
  だから ダッチオーブンは、素材のもつうまみを存分に引き出して
  おいしい料理ができるんだぞ。

  今年こそは ダッチオーブンを使って、薪ストーブクッキングに挑戦しよう!
  って思っている人 多いんじゃないかな?

  でも、どれを選ぼうか??? 聞かれること多い。

  薪おじさん.comでは 世界各国に根強いファンをもつ
  ロッヂ のダッチオーブンを取り扱っている。
  毎年 年明けには売り切れてしまって、メーカーも在庫切れ・・・なんてことになる。

  キャンプダッチオーブン か キッチンダッチオーブン か?
 
  これで 迷っているなら 薪ストーブトップでも使いたいか?
                  野外でも使かいたいか?
                  自宅のキッチンでも使いたいか?
                                       などを考えてみよう。
   
     キャンプダッチオーブンは その名の通りキャンプ
     つまり焚き火や炭などを使った調理を前提につくられている。
     底には3本の脚がついていて、鍋の下に炭などがあってもしっかりと
     立つようにできている。
     ふたには 縁が付いていて 上に薪や炭をのせても転げ落ちない。
  
     キッチダッチオーブンは 脚がなく ふたもつるんとしている。
     縁はないけど、多少は薪や炭を置くことはできる。
     ふつうの鍋と形は同じだ。
     脚がないから、薪ストーブの中だけでなく トップにもかけてグツグツできる。
     もちろんガスレンジでも使いやすい。
     
f0108852_19334171.jpg

   こちらは キッチンダッチオーブン
   ふたの裏側に、蒸発した水分を料理に落とすための突起が付いている。
   これは、うまみ成分を逃がさない工夫だぞ。
   
f0108852_19335321.jpg

   こちらは キャンプダッチオーブン
   ふたの裏側は平らで、フライパンとしても使えるぞ。

f0108852_1934239.jpg

   キャンプダッチの一番の特徴 脚。
   
   
  さあ どっちをえらぶ?
  ダッチオーブンでなら、 焼いても 蒸しても 煮ても 焚いても 燻すのも得意だぞ。
[PR]
by maki-ojisan | 2007-10-27 20:29 | 薪ストーブアクセサリー
<< 薪ストーブのある 遊食房! 薪ストーブの前にはギャべ! >>