「雨楽の家」の煙突!

f0108852_1192177.jpg

  こちらは、新築中の 邸。
  この前煙突工事に行ってきた。 
  新築の場合は、煙突が出る部分と屋根の上を先に工事しておく。
  そして、家が完成と同時に 薪ストーブ本体と煙突工事で仕上げる。
  だから、最初の工事をしてから薪おじさんの出番がやってくるのは何ヶ月か先となる。

  この邸は、 桧と漆喰で創る 「雨楽の家」 ・・・ うらくのいえ
  
   子供たちには、自然の恵みの空間でのびのび育ってほしい。
   これが日本の家だと誇れる木造軸組工法の家を伝えたい。
   自然と仲良く暮らしたいという願いが込められた木の家。

  そんな思いから生まれたのが、この雨楽の家だそうだ。
  
  そこに、薪ストーブのある生活も加わる・・・・・。 たのしみだなぁ。
  木のあたたかみが、家をとおして、そして薪ストーブをとおして 感じることができるね。
  ワタシたち人間は、自然と仲良く共存して暮らしていくという ありかたを
  子供にも伝えていける気がする。


  この家を手がけているのは、 あなぶきホームプランニング㈱だぞ!
  
  
 
  
[PR]
by maki-ojisan | 2007-04-21 11:55 | その他つぶやき
<< 家庭菜園の準備 薪ストーブ報告! >>