わが家の薪ストーブ、設置とプランニング

最近では 薪ストーブの設置を前提にした家づくりをする人が
多くなったね。薪おじさんのところに 来てくれる方もそうだよ。
だから 設計段階から効率的な 設置場所を考慮するようになってきた。

薪ストーブを 家のどこに置くかは、すごく重要な問題だ。
薪ストーブを手に入れてみれば 薪ストーブは大切な家族の一員であることに
気づくはず・・・。そして 薪ストーブは冬の生活の芯。

薪おじさんは 「薪ストーブは 家の中心に置くべき」 と勧めている。
部屋の中央に設置すると 360度の輻射熱すべてを利用できるよ。
背面が壁際の場合には180度、 コーナーに置いた場合は90度と
暖房効率はどんどん低くなってしまうんだ。

部屋の中心に置くことで 暖房効率の面では 有利になるとともに
棟部分まで まっすぐな高い煙突を伸ばすことができる。

ストーブをもったことのない人の多くは 部屋のコーナーに置きたがるが
コーナーは どうしても置く場所がない場合の 最後の場所と考える方がいい。

薪ストーブを置く場所ー炉台 のことを 英語で ”Hearth” というんだって。
ハースの意味は ”the Heart of home” (家の中心)。
 
家を建てる前から 薪ストーブを購入することを 考えている人は
家の設計を始める時点で 設置場所を決めてほしい。
薪おじさんは いつでも相談にのるぞ! 
f0108852_21444189.jpg

[PR]
by maki-ojisan | 2006-06-09 21:34 | 薪ストーブ
<< 心もからだもHOTする 薪ストーブ 薪ストーブ料理と とれたて野菜 >>