薪おじさんとリフォームの匠 原田氏がコラボ?

薪おじさんのところに 今年の冬から 薪ストーブオーナーになりたい人が
ぞくぞくと入門しているぞ!
今日は、その中のひとり さんのことを紹介しよう。
さんの家は 築35年で間仕切りが多い。  薪ストーブと 大好きなピアノを囲んで 家族や友達と楽しみたい!というのが さんの希望。  いいねぇ~。そういうの・・・。
家にあった機種選び 機種にあった煙突や炉台を設置のため 改築の案がでた。
そこで、薪おじさん! 知り合いの デザイナー原田氏に電話した。
原田氏といえば あの有名なTV番組 大改造劇的ビフォーアフター に匠として
出演したこともあり、”思いやりのある建築”を設計理念とする
原田正史建築設計事務所主宰である。
そんな すごい方と薪おじさんが知り合い!?・・・と思った君!
んふふっ  すごいだろう! まぁ それはまた折々として・・・。
この前 原田氏と共に Uさんの家を訪れ、実測と打合せをした。
まず 間仕切りをなくすことで 家全体が開放的にし、一つの大きな魔法瓶のような
ワンルームにしてしまおうという発想。いくら高性能の薪ストーブを使っても
 部屋と部屋の仕切り壁、つまり間仕切りがあるかぎり暖気は届きにくいからね。
さあ これからが 楽しみだなぁ。こういった基本的な努力は、これから先長い間、
究極の楽しみを得るためのものだ。薪ストーブの中で、ゆらゆらと火が燃えているのは 素晴らしい光景だけれども、このがっちりとした素敵なデザインの設備から、さらに”安全性”を得られるということのほうが、もっと大切なんだなぁ~。 (語ってしまった・・・。)
[PR]
by maki-ojisan | 2006-05-13 17:02 | その他つぶやき
<< みなさんのおかげです。 薪ストーブ 来シーズンにむけて。 >>